自宅の庭で家庭菜園をはじめてみての感想。

マイホームを購入して1年半。
家族構成は夫と5歳と1歳の娘がいます。
我が家は建て売り分譲住宅にしては土地が広く、駐車スペースを除いても、同じ家がもう1軒建てられるほどの庭があります。
半分は芝を引き、もう半分は物置小屋と、物干しスペースがありますが、それでも畳6畳ほどのスペースが残っていて、何もせず雑草が生えっぱなしの状態でした。
コンクリートにしてしまうか、子どものブランコなどの遊具を置くかどうしようかと悩んでいたところ、職場の男性に「畑を作ればどう?」と提案され、近所の農家と職場の男性に協力してもらい、元々の土をつるはしで耕し、軽トラ荷台1杯分破棄して、畑の土を軽トラ荷台2杯分、分けていただき、ブロックとプランターで四方を囲み家庭菜園を作りました。
最初に、レタス、小松菜、人参、ジャガイモ、なすを植え、レタスは失敗してしまいましたが、それ以外の野菜は順調に育っています。
職場の同僚やママ友、近所の方に、家庭菜園を始めたことを話すと、葱やバジルや三葉、みょうがの苗を頂き、ところ狭しと色々な野菜を育てています。
色々な方に『この野菜はこうした方がいい』『この肥料がおすすめだよ』などアドバイスを頂いて交流が深まったり、子供も『ジャガイモのお花が咲いてる!』『畑にお水あげるの手伝うよ』『おうちでとれた小松菜おいしいね』など食育にもなり、良いことばかりです。
手入れや、維持をするのは、手間も道具や肥料や、虫除けグッズをそろえたりする、お金もかかりますし、連作障害など勉強しなければいけないこともありますが、自分で育てた野菜、スーパーより新鮮な野菜を食べれる事は、とても素晴らしいですし、
朝起きて、雑草抜きや、みずやりなどをするので、朝寝坊ばかりしていた私が、早起きになり、早起きのリズムが出来て、健康体(?)になりました。
土地がなくてもプランターや土の袋からでも手軽に育てられる野菜もあるので、色々な方に家庭菜園をオススメしたいと思います。